メインイメージ画像

母親が子育てをするべきだという考えは捨てる

祖父母の世代では小さい頃は母親が子育てをするべきだという考えが適切だと思われていました。ですが、近頃はその考えは誤りだということがわかっています。それでは、子育てにおいて大切なことは何でしょうか。それは、子供を思いっきり甘えさせるということです。ぐずれば、涙を拭いてくれ抱っこしてくれる人が絶対に必要なのです。甘えさせることは、言うことをすべて応じ、甘やかすこととは違うのです。

子育てにおいては、頼りたい際に抱きしめるという行動がお子様に安心を与えます。この安心感は、自分が必須とされている自信に関係しているのです。自信を持つお子様は少々の苦難には挫折しない力に直結します。必ず、子供さんをしっかり抱きとめて下さい。

活発な子供でもママの膝にのって、本を読んでもらうことがお気に入りなのです。子育てにおいて、本の読み聞かせは、単純に話を聞かせる、かなを覚えると言う以上の働きを持つのです。

本を読むことは、あなた達はお子さんと同じ時間を感じることがOKです。子供と一緒に本の世界に入り、多様な経験を擬似経験することになると言えます。心が同じ方向に向かっているという様子は、お子様に安定を生みます。お子さんの疑問に考えたり、逆に質問をしたりして考察するという習慣が習得できるのです。また、隣で本を読むという状態は徐々にハグに結びつきます。接触は愛されている感覚に結びつき、その感覚は子供達をすごく成長させます。

更新情報